« Septiembre 2008 | メイン | Noviembre 2008 »

Octubre 2008 アーカイブ

Octubre 1, 2008

パケ・ホーダイ ダブルとパケットパック10 1 oct. 2008

今月から始まるDoCoMoのパケ・ホーダイ ダブル。
私は月額料金の殆ど同じパケットパック10を契約しているけれど、こちらを継続する。
移動時のデータ通信は殆どPHSで済ませているから、DoCoMoの方はi-modeのメールくらいしか使わない。
パケ・ホーダイ ダブルに変更してしまうと、パケットパック10で出来ていた、余った無料分の音声通話や2ヶ月繰り越しがなくなってしまう。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 2, 2008

麻酔 2 oct. 2008

まったく自覚症状のなかった、詰め物をしてある奥歯が虫歯になっているというので治療する事に。
運良く、というか、悪く、というべきか、いざ治療となった時、隣の歯に穴が空いているのを発見される。
で、こちらの方がひどいと。
「少し痛むかもしれませんが、我慢しちゃいますか?それとも麻酔打ちますか?」と、先生のお言葉。
「いや、打って下さい」と私。

以前、背中に出来た粉瘤の摘出手術の時に、若い担当医が「これくらいなら麻酔打たなくてもいいですよね?」ともう一人の医師に話しかけていたのを思い出した。
とんでもない。
あの時、結局は麻酔を打ってもらったけれど、それでもいざ切開された時には雷に打たれたような痛みが走りましたよ。
そう、切開部に、触れば火傷するほどに温めたバターナイフを当てられたようでした。

ちなみに今回は全く痛みもなく、無事に虫歯部分を削ぎ落とす事が出来ました。
好奇心から詰め物をされる前に、削り取られた部分を舌で触ってみたけれど、結構深い穴だった。
歯科はあまり生命に関係ない、とは云われるけれど、あの穴の深さで脳にも近い事を考えると・・・やはり、おっかない職業ですね。

しかし、麻酔というのは、どうして効くのでしょうね。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 3, 2008

おくりびと 3 oct. 2008

名作だ。
スカーフのシーンや、手に握った石のシーン、ホロッとさせられる。
嫌みもイデオロギー臭もまったくなし。
芸術の手法、かくあるべし。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 4, 2008

「古事記」を予約 4 oct. 2008

「古事記」をネットで予約注文。
色々と迷ったんだけど、とりあえず今回は梅原猛の訳本にしてしまいました。
次回は原文で読んでみたいと思います(先輩、ごめんなさい)。

古事記については確か幼稚園児の頃に読んだ漫画の中で、あるいは小学校1年くらいだったかもしれないけれど、その記述を初めて見たのを覚えている。
その後、様々な場面で古事記についての話を目にし、出てくる話のいくつかは知っているつもりだけど、古事記自体を読んだ事はなかったので、まずは取りかかってみます。


ついでに「万葉集」と「空海の思想について 梅原猛」を購入。

「空海の思想について 梅原猛」は、どなたであったか、宗教にも強いミュージシャンが座右の書としていた記憶があり、気になっていたもの。
梅原猛といえば、初めて読んだのは柿本人麻呂についての本であったか。
本の影響で石見の海を見に行ったりしたっけな。
そして柿本人麻呂といえば、万葉歌人だ。
一時期流行りましたね、いろは歌に隠された「咎なくて死す」という人麻呂のメッセージが。
もう随分と前の話。

空海は言わずと知れた弘法大師。
空海、弘法大師の凄いところは宗派を超えて本当に多くの人から敬愛されているところだろう。
これほどまでに誰でも知られている宗教家を、私は知らない。
「誰にでも」というところがすごいのであって、もちろん特有の宗教にはそれぞれ特別に有名な宗教者がいる。
地方を旅すると、本当に多くの弘法大師伝説に出会う。
温泉地開湯の由来や湧水の由来の多くが弘法大師に依っている。
統計を取ったわけではないが、そういった事に於いて他に目立つ過去の偉人では役小角、源義経、それから天皇家に関わる人々等を挙げる事が出来るだろうか。
少し話がそれてしまったけれど、空海が悟りを開いたという室戸の洞窟にも入ってみたし、今なお師が生き続けるといわれる高野山にも足を踏み入れてみたし、四国八十八カ所も巡礼してみた。
それくらい興味津々の偉人だ。
空海といえば、司馬遼太郎の「空海の風景」を読んだのはいつの事であっただろうか。

日本の古代には、現代を生きるための智恵がたくさん遺されているのではないか、と思っています。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 5, 2008

空海の思想について - 梅原猛 5 oct. 2008

私がそれと意識して真言密教と出会ったのは小学校2年の時であった。
それ以来、真言密教は今の今まで常に私の傍らに在る。

梅原猛氏のように求めた結果、出会った真言密教ではないが、もしも初めて出会った教えが真言密教ではない仏教であったとしたら、私は仏教徒にはなっていなかったと思う。

仏教を全て同じようなもの、と捉えてしまう方の方が世の中には多いのだろうけれど、真言宗は特別だ。


真言密教の大きいところは「即身成仏」の「即身」である。
密教では「無我」を説かない。「大我」を説く。
密教では「無欲」を説かない。「大欲」を説く。

仏教の中には、余りに禁欲を説くが為に修行僧が死んでしまうジャイナ教のようなものもあると聞くが、真言密教では活き活きと生きる事をまったく否定しない。
自分というもの、そして欲さえも否定しない。

現世も来世もない。
密教的思考で行けば、誰もがそのまま「空海」であり、「大日如来」たり得るのである。

また、密教は墨絵の世界ではない。
原色が煌びやかな曼荼羅の世界なのだ。

そして結局は全てが一つのものなのである。
全てが解け合い、だから何でも受け入れる事が出来る。
そこには「表」もあれば「裏」もある。
逆に「表」もなければ「裏」もない、とも言い換える事が出来る。
そこいら辺の事は「般若心経」に詳しい。
是非とも読んで頂きたい教典だ。


物事は一面で切り取っても、本質を観る事は出来ないし、「良」は「悪」とも成り得る。
逆に「悪」が「良」とも成り得るのであるが、これらの真実にピンと来る人がはたして何人いるのだろうか。
これらの言葉は非常に誤解されやすく、私はもどかしい思いをしている。
こうした全てを引っくるめたものの考え方が遍く拡がるならば、争い事などもグッと減るのではないだろうか。
そして万人が活き活きと生きて行けるのである。


それにしてもamazonは早いぜ。

空海の思想について
空海の思想について (講談社学術文庫 460) (文庫)
梅原 猛 (著)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 6, 2008

イキガミ 6 oct. 2008

様々な生のかたち=死のかたちを描いて、その点非常に感動的だ。
それは本当に感動的であった。
ただ、戦前、戦中のパロディーはいただけない。
意味のある死を、全く意味のない死とすり替えておきながら、それを同義に見せかける手法には感心しなかった。
若い人がこれを見ても、その多くは私と同様の違和感を感じるだろう。
日清、日露、そして大東亜戦争で亡くなった多くの戦士は、国を、家族を、恋人を、そして多くの隣人を護る為ならば、場合によっては命を投げ出す事を躊躇しない気概を持っていた人が多かったと聞く。
国家権力をこの作品の様に描いて、それを見た多くの人が万が一それを事実であるかのように受けとめてしまったとしたら、リアル政府のやる仕事が能率の悪いものになりかねないし、それがひいては国民の利益を削ぐ事になってしまうだろう。
邦画には、なぜかイデオロギーがプンプンと臭うつくりのものが多いような気がする。
もちろんそうでない作品もたくさんあるけれど、娯楽に教条が見え隠れしたらがっかりするわぁ。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 7, 2008

日本の美を求めて - 東山魁夷 7 oct. 2008

「古い民族でありながら、現在なお清新な活力をもちつづけている日本人の特質は、外来文化の積極的な摂取と、それに対する強力な咀嚼力と、柔軟性をもつ融和力にあるのだろう」
「日本人は常に外国の文化を尊敬と親愛をもって、自国に取り入れ、時には自国の民族性を見失うように見える時期もありますが、それを消化吸収して、日本独自のものを生み出して来ている」
「日本人とは、元来、自国の文化だけにこもりきって、狭い見地からそれを考えることにあきたらない心情をもっていて、しかしまた、西洋の文化におぼれきってしまわない側面ももっている」

日本画の巨匠である、氏の言葉。
外国文化摂取への積極的な意欲と、日本の古典文化に対する愛着、是非ともバランスを取って行きたいものです。

ちなみに東山魁夷が生涯の大半を過ごした千葉県は下総中山に、東山魁夷記念館があるそうです。
今度行ってみよう。

日本の美を求めて
日本の美を求めて

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 8, 2008

自殺死体の叫び - 上野正彦 8 oct. 2008

思わずジャケ買い?したところ目次を見た時点で、以前読んだ本と判明。
しかし、本というのは読み直してみるとさらに発見がある。

土左衛門(水死体)が赤鬼、青鬼のモデルだろうという作者の説にはリアリティがある。
入水自殺死体の不気味な変身・・・遺体は青鬼の後の第2段階、赤鬼状態での発見が多いそうだが、腐敗ガスによって身体は2倍以上に膨れあがり、目も舌も飛び出した状態となるらしい。腐敗ガスに含まれる硫化水素が血中ヘモグロビンと結合し、硫化ヘモグロビンとなる。まずは胃酸や腸の消化液によって自家融解した腹部より淡青藍色となり、やがてそれは全身に及び、さらに腐敗が進むと暗赤褐色に変化する。しかも流水中では死後硬直が起こりにくく、殆どの場合は全裸で発見されるそうだ。
入水自殺はどことなくロマンチックだが、その現実は凄まじい。

自殺死体の叫び
自殺死体の叫び


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 9, 2008

千葉県市町村家計簿 9 oct. 2008

恐ろしいものを見つけてしまった。
千葉県市町村家計簿
http://www.kisarazu.org/accountbook-slide.pdf

我が故郷、茂原市の純資産ランキングは県内80自治体中、なんと・・・
・・・最下位・・・
悪い悪い、とは聞いていたけれど、これにはやはりショックを受けました。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 10, 2008

新円切り替え - 藤井厳喜 10 oct. 2008

-国家破産で円が紙くずとなる日-という、強烈なサブタイトル。

米国発の金融恐慌が現実となりつつある現在は、それはあり得ないと4年前に氏が当時描いた未来とは違う事になっているけれど、やはり欧米流資本主義の最重要ポジション「金融」は虚業である、と強く感じる今日この頃だ。
エコノミストは現物に根ざした経済ではその規模が縮小してしまう、と言うけれど、これでいいんじゃないか。

簡単に言ってしまえば、虚業の金貸し万歳の論理で成り立っているのが資本主義だろう。
そんな経済で良いはずがない。

日本は日本のやり方で、土地本位資本主義でも社会主義的資本主義でも何でも突き進めば宜しい。 
今まで通り融通を利かせ合って一緒に生きていくのが日本流だ。
グローバルスタンダードとか言って、外資は格好良いなんてやっていたら、日本経済はぐちゃぐちゃになってしまうぜ。

バブル以降、着実な運用を心掛けてきた日本の金融が今ようやく、欧米でも見直され始めているそうだ。
日本人が経営する日本の企業ならば、あくまでも日本流を下敷きに、世界のやり方を取り込む事が最上だろう。

国民一人当たりのGDPが世界第三位であったアイスランドにおいて今、国家の財政破綻が懸念されている。
GDPを超える金融業の借金を、国が肩代わりした為だ。

欧米流がスマートであった時代は今、ようやくにして終わりを告げるのだろうか。 

ちなみにアイスランドの場合とは心理効果が違うけれど、日本の抱える借金だってGDPと同じくらいある。
氏の言うように、日本の国家破産は突然にやって来るのだろう。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 11, 2008

外国為替取引 11 oct. 2008

ここのところ財テクを模索中。
株式だの先物だの現物だの、色々とある中でどうやら自分が自信を持ってやって行けるのは外国為替取引だと確信。
海外へと出る度に為替とは否応なく付き合わされてきたので、何とはなくこれが自分にとっては断トツに取っ付きやすい。
とはいえ、レバレッジを何倍にもかけて取引をするのは危険を感じる。
まずは自己資金の範囲でやってみたいと思う。
うまくいったところで小遣い稼ぎ程度、いくらにもならないけれど、政策金利0.5%の日本において普通に預金しているだけでは我ら庶民の一銭の得にもならない現実、これには不条理を感じる。

ちなみに外国為替取引において、一時期15.50%もの政策金利で大人気だったアイスランドクローナはここのところの大暴落で為替取引中止にまで追い込まれたそうです。
おそらくたくさんの人が泣かされたに違いない。
それでも一般には株よりもずっと手堅いと思う。
そこそこの国の通貨はそうそう紙くずにはならないからだ。
利率が良ければ、これも株の配当よりは確実だろう。
トルコリラも金利が非常に良いけれど、この一週間で15%ほどの下落とはおっかない。
ウォンも夢があるけれど、自分の現状ではリアルタイムに買う事は出来ない。
無難なのはユーロ、ポンド、オーストラリアドル辺りだろうか。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 12, 2008

長生高校吹奏楽部の歩み 12 oct. 2008

「長生高校吹奏楽部の歩み」という、152ページにも渡る素晴らしい冊子が届きました。
それこそ戦中からの記事や写真もあり、編集には大変な苦労があった事と思います。
打楽器パートをざっと見ると、先輩にうといのは仕方のない事として、後輩については思った以上に既知の方が多いのに驚きました。
結局、教育実習の時に関わりのあった第25回定演の後輩達まではよくわかるし、スタジオ設立以降第32回から現在までの後輩も生徒として5名もの皆さんと付き合いがあった事もあり、大体わかる。
その後のOB飲み会で第26回、第27回、第30回、第31回の後輩とは知り合いになったから、自分が卒業してから全くつながりがないのは第28,29回定演時に三年生だった後輩のみだという事が判明いたしました。
意外にも歴史は連綿と繋がっている。
さらに気になったのはその空白のあたり、第29,30回にSaxの特別講師として名前の載っている石田裕美って、もしかして私の芸大同期の石田裕美なんだろうか???
だとしたら世界は狭すぎる。
振り返ってみれば1年時のメイン曲ではピアノ担当だったし、3年次に母校で初めてのパーカッションアンサンブルを企画した時にもフュージョンっぽい曲がメインだったし(自分はアレンジを全部やってドラムではなく鍵盤担当)、実際吹奏楽には全くもって熱心ではなかったけれど、思い出深い部活動だった。
以上。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 13, 2008

一ドル二〇〇円で日本経済の夜は明ける - 藤巻健史 13 oct. 2008

あらかじめお断りしておきますが、ブログでは毎回毎回、本を読んではその本に対してのコメント、というよりもその本にインスパイアされて私が話したくなった事をつらつらと書き連ねている。

1ドル200円・・・ここしばらくの為替相場を見つめるのみにおいては冗談のような話だが、固定相場制の頃は1ドル=360円。
20年ちょい前、プラザ合意の頃は1ドル235円だったのだ。
円の価値はその後1年で約倍になった。

購買力平価で考えれば、あるべき為替レートは1ドル=124円、1ユーロ=158円、1ポンド184.5円くらいだそうだ。
別の指標、ビッグマック購買力平価によると、1ドル=80.6円くらいが妥当だそうだ。
指標によってこれほどに変わってしまうのならば、これらはあまり当てにならないのかもしれない。

私個人の実感としては、円はまだまだ本来のポジションより高いのではないかと思っている。
ユーロ圏での事情はよく知らないが、米国をはじめとして経済の強そうな国に出かけていっても買い物が割安に感じる。
外国為替がきちんと落ちるべきところに落ちるとしたら、円はもっと安くなくちゃいけないと思う。

が、長年正常な場所と思われるところに落ち着いていないのが為替相場だ。

週明けの本日、どうなるのかな・・・円はさらに高くなるのではないかと感じているのですが・・・。

1ドル200円で日本経済の夜は明ける
1ドル200円で日本経済の夜は明ける (単行本)
藤巻 健史

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 14, 2008

変な人が書いた成功法則 - 斉藤一人 14 oct. 2008

著者は累積納税額一番の人らしいよ。
この著者が語る言葉は、自分のそれに近いところがあるな、と感じた。
人生観、現在のものに捉われない倫理観、神の所在や仕事への取り組み方、人への接し方、自分への向き合い方、その他色々。


これからも自分自身の考える通りに生きて行くとしよう。

大体において、人の勧めや常識に捉われて動く時には道を誤る事が多い。
常識に捉われる事なく、他人の意見に流されることなく、自分の考え通り、思い通りに歩みを進めるのが一番なのである。

満ち足りた気持ちは、満ち足りている時に自然と生まれて来るものだ。
素晴らしいものを生み出し続ければ良い。
吹き流しとなって、あるいは風まかせの風船のように生きるしかない。
自分に恵まれたものへの、感謝を忘れずに。

実際のところ、大した不満は、ない。


変な人の書いた成功法則―四年連続トップ納税者が語る (単行本)
斎藤 一人

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 15, 2008

レポート提出、不正防止 15 oct 2008

近頃の学生はインターネット上に転がる例文を自己のレポートとして提出してしまうようだ。
どうやらついには小学生の読書感想文までもその傾向にあるのだとか。

他人の文を書写する事にも意味はあるだろうが、やはり自分の言葉で文章を綴る訓練は必要だろう。

学生に怠惰を許す、安易なコピーを防ぐためには、出題側も既存の概念に縛られることなく出題せねばなるまい。

例文が豊富に出回ってしまっているなら、これからはただ自由に文を書かせるのではなく、例えばキーワードを4つ、5つ絡ませながら書かせるようにしたらどうだろうか。
しかも個人々々によって状況が異なるようなキーワードがベストだ。
あるいはテーマをかなり絞って書かせるのも良いだろう。

とにかく、何が何でも巷に出回る情報では補いきれない出題をするしかない。

時代が変わったのであれば、速やかにそれと合わせて行くしかないんじゃないかな。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 16, 2008

ローマの休日 16 oct. 2008

最近、過去の名作映画の著作権が切れている事を知った。
今年は1957年公開の作品まではyoutube等で観覧出来るようだ。
あの当時の名画は、どこかシンプルな健全さを備えている気がする。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 17, 2008

カサブランカ 17 oct. 2008

"Here's looking at you, kid!"(君の瞳に乾杯!)。
決め台詞は3度出てくるけれど、3回目のが良い!

As Time Goes By。

カサブランカ、行ってみたいなー。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 18, 2008

久々にスネアを買った 18 oct. 2008

ヤマハの直径12インチ、深さ6インチのスネアを買った。
オーク材だったっけ???
オーク材のスネアは叩いた事がないので、どんなキャラなのか楽しみである。
予想ではキレる音なのではないかと思っています。
それから12インチ。
以前見に行った友人のライブでチェックして以来、気になっていた12インチのスネア。
おそらく小口径ならではの、まとまりのある音が印象的だったのですが、ヤマハのはどうなんでしょうね。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 19, 2008

オモロいコンサート 19 oct. 2008

今日の仕事は変わっていた。
パーティーの合間に演奏するのかと思っていたら、コンサートがメインとなっていたり。
始め、ピアノトリオのセッションという事でお引き受けさせて頂いたところ、会場に到着してみたらフルートクインテットだったというサプライズ!!!
楽譜と音源が本番二日前に届き、あたふたと準備を進めたところ、その直後、話に出てきたクラシックを二曲フルートデュオで追加!?との楽譜を前日深夜に確認。
かなりヘビーな内容で狼狽し、朝方までかかって拡大コピー&コード書き込み&譜読みをする。
しかし、当日また別の曲に差し替わりと二転三転。

色々な意味で楽しめたコンサートでした。

共演させて頂いたメインの深山真里さんを始め、ラテンの分野で大活躍中の北原実氏&吉羽一星氏とのコンサート、面白かった!

ギターの方のお名前は失念してしまいましたが、是非ともまた共演させて頂きたいものです。
今度はラテンで!

今、自分に足りないのはこういったセッションなのかもしれない。

それからローディーのめぐみちゃん、譜めくりお疲れ様でした。
いつもありがとう!


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたここうじ/koji fujita)のblog

Octubre 20, 2008

さて、再び講演会・・・ 20 oct. 2008

先日、講演会のリハをしてみたら内容が多過ぎて時間オーバーだったので、今、ものすごくテーマを絞っているところです。

単に知識の羅列にならぬよう、凝縮作業中です。

当日良い話が出来るよう、頑張ります!


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 21, 2008

外貨を買う事の意義 21 oct. 2008

私たちは普段生活しているだけで、為替差益、あるいは差損の影響を受ける。
円高になれば海外で円の使い出がある。
あるいは輸入品の購入時には国内にいたとしてもその恩恵を受ける。
しかし、円高時には日本に外貨が落ち辛くなるから景気にはマイナスで、それは回り回って私たちの生活を圧迫する。

逆に円安であれば雇用の面では安心かも知れないけれど、輸入品の物価が上がる。

このように、何をしなくとも世界経済動向の影響は否応なしに私たちへと降り掛かってくる。

これを防衛するためには、賢く外貨を買い、あるいは売って為替の利益を享受するしかないのではないだろうか。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 22, 2008

頑張るしかない 22 oct. 2008

やる事、やらなければならない事、大過ぎ!

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 23, 2008

リハがあった 23 oct. 2008

仲間と音を作るのは、超楽しかった!

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 24, 2008

1日原稿書いておしまい! 24 oct. 2008

今日は一日中原稿書いておしまい!

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 25, 2008

ああ、今頃キューバなら・・・ 25 oct. 2008

これだけ円高の今頃キューバにいたとしたなら、ビール1本100円で思う存分飲めるなあ・・・。

20081025CUBA%E3%81%A7%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg


- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 26, 2008

原稿書き終わった! 26 oct. 2008

やっと原稿書き終わった!
結局、一度書き直したものを通し稽古してみて、それでもまだまだ長かったから、さらに調整して・・・ふう・・・。

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 27, 2008

そのままで大丈夫! 27 oct. 2008

そのままで大丈夫だよ。
きっと、すべてうまく行く。

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 28, 2008

癒し系! 28 oct. 2008

不思議に癒されるって事は、実際あるわけなんだ。

- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 29, 2008

もしも今回、再び・・・ 29 oct. 2008

もしも今回、再び神の助けがあるのなら、完璧に信心する事にする。

南無大師遍照金剛


- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 30, 2008

久々にまとめて練習! 30 oct. 2008

久々にまとめて練習!
あれはあれで、やり過ぎると良くないから、機会を窺いつつ、狙っていきます!


- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Octubre 31, 2008

10月も最終日だ 31 oct. 2008

急に気温が下がったのを感じる今日この頃。
いよいよ秋は深くなり、やがて冬がやって来る。
色々と準備をしなくてはね。


- ライブのお知らせ -
2008年11月8日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋マサルB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

About Octubre 2008

Octubre 2008にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはSeptiembre 2008です。

次のアーカイブはNoviembre 2008です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。