« なぜソルフェージュ能力が必要なのか 25 enero 2010 | メイン | Latin Cuban Drumming 1,2 / Koji Fujita (ラテンキューバン・ドラム教本上・下巻/藤田浩司著) 27 enero 2010 »

一票の格差を考える 26 enero 2010

-「一票の格差」が最大2倍強だった昨夏の衆院選は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、広島市の男性が地元・広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡(ひろた・さとし)裁判長は、現行の選挙区割りで実施された選挙を「違憲」と判断した。昨年12月の大阪高裁に続いて違憲判決が出たことで、定数配分の見直し論議に影響を与える可能性がある。 (村形勘樹) -以上asahi.comより引用。


人口のみを平等の判断材料とするのは間違っていると思う。
まあ、これについては裁判官の過ちというよりも判断の根拠である「憲法」を疑ってみた方が良いと思う。
私たちの日本を形成する重要な要素は「人間」だけではない。
様々なものの生産拠点となりうる「国土」、様々なものを育む「国土」に比例した配分、そのような考えを優先する事だってあり得てしかるべきだ。
このような裁判官の判断で事がすべて進んでしまったならば、日本の国は都市住民にとってのみ都合の良い国となってしまう可能性が高いと思うが、そのような判断に沿った国造りはバランスのとれたものとは言い難いだろう。
ひいては国を危うくする事、まちがいない。
極論してしまえば、要するに深い考えなしに西洋の十八番「法の下の平等」を定めた、「憲法」がこの点に関しては間違っているのである。
実際「法の下の平等」・・・それ自体は悪くないアイデアだ。
だとしても、その運用を誤ってはならないと思う。
「法の下の平等」が、薄っぺらい人口比率のみに目を配るものであってはならないだろう。
・・・さすがにこれは暴論か。

大体、一票の格差をとやかく言う前に、土地面積に比例した代議員人数を選出出来るよう、特定の地域に人口が集中するアンバランスを是正した方が良いという考え方だってあるだろうに、そういった議論が全く出てこないのはなぜなのか。
これも良い事ばかりではないけれど、国という機能が優先すべき大切な事柄は「最大多数の最大幸福」・・・これにつきるだろう。
だとしたら私はむしろこれほどに一票の格差が出るほどの「都市への人口集中」を許すべきではないかとも思うのだが、如何なものか。

もちろん人口の集中する都市の価値を否定するつもりなどさらさらない。
が、都市の住民は地方に対して謙虚であるべきだとも思う。

「数の暴力」・・・民主主義の弱点をさらけ出してくれたのが、今回の判決だろう。
「国土」を基準にしたならば、むしろこれほどまでに一票の格差を生み出す、特定の狭い地域への極度の人口集中・・・このアンバランスな形の方が薄気味悪く、間違っていやしないか。

大体「民主主義」というのは、それほどに「最大多数の最大幸福」を生み出せるシステムなのだろうか。
大切なところは、これは絶対にそうだと思うのだが、「民主主義」が幸せを生み出すわけではなく、「良き国民」が良い国を、「良い人」の集まりが良い世界を形作るというところだ。

如何にしたら人々が穏やかで明るい気持ちを持てるのか、どういった教育が公共心をこころに灯す事ができるのか、民主主義であるが故にそれが可能であると断言出来るのであれば、民主主義万々歳だ。


なぜマスコミを通した世論は常に特定の調子に傾くのか・・・わけがわからない。

マスメディアから供給される情報はもちろん大切で、また有り難いものでもあるけれど、それを判断するに当たっては主体性を持ちたいものである。

今回ニュースに載った様な論法のみに選挙民の論が傾きがちならば、そしてそのような論法に沿って多くの代議員が選出されるならば、私は現在の「普通選挙法」が国民の幸福を果たして本当に生み出すものかどうなのかさえも疑ってしまうね。
もしかしたら明治のシステムの方が優れていたのではないか、ともね。


-今後のライブ予定-

2010年1月30日(土)
金井康子フルートライブ
赤坂カーサクラシカ
東京都港区赤坂3-19-9オレンジボックスビルB1
1st) 19:00, 2nd) 20:00),3rd)21:00入れ替えなし
マウワー:ソナタ ラティーノ
ボーリング:ジャズ組曲第2番全曲 他
金井康子(Flt) http://www.ongaku.org
志村和音 (Pf)
藤田浩司(Ds) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
振り付け:a-jun
チャージ:3150円(税込み)☆要予約!
予約:03-3505-8577


2010年2月5日(金)
新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/top.html
open 19:30 start 20:00
サヤケットセッション
岸さやか(Pf) http://blog.livedoor.jp/sayaketto/
藤田浩司(Ds) http://kojifujita.com

☆気軽にさやかちゃんと私とのセッションへおいで下さい!


2010年2月20日(土)
ナチュラルハーモニー2000
大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
藤田浩司 http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
癒しナイト! 
☆結局はベース&ピアノのDUOライブに決定!
「癒し」というか、かなり色っぽいムーディーな音になりそうな予感・・・


2010年3月3日(水)
千葉県長生郡長南町「こどもの夢を育む事業」
講演会 「学びのこころ -成功の秘訣とは-」
千葉県長南町立長南中学校
〒297-0121 千葉県長生郡長南町長南2060
Tel:0475-46-1190
13:30-15:00
お話と演奏:藤田浩司 http://kojifujita.com
☆これから学び、育って行く児童・生徒のみなさんには是非ともおさえておいてもらいたい「学びのこころ」。
勉強する事の意味・・・勉強するのはなぜか、それは幸せになるためである。様々な事を勉強するに当たって、ここを忘れてはならないだろう。
一地方からたくさんの逸材を中央音楽界へと輩出し、教育学修士の側面をも合わせ持つ藤田浩司の教育論。
(講演会のお問い合わせは http://la-fiesta.jp )


2010年3月18日(木)
藤田浩司ピアノトリオ
千葉倶楽部LOOK(注意:経営は同じですが、ROCKではないLOOKの方です。)
PCサイト→ http://clublook.main.jp/
モバイル→ http://clublook.main.jp/mindex.html
千葉市中央区新宿町2‐11‐1藤やビル2F
Tel:043-204-5569
19:30-
Charge \2,000 1drink付
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
加藤克樹(Ds) http://www14.ocn.ne.jp/~k2drums/Welcome.html


2010年3月20日(土)
DrumStudio LA FIESTA主催 第11回ドラマーズライブ
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
13:30開場 14:00開演
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-21
Tel:0475-25-8999
http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html
☆プロ・アマチュア問わずで総勢20名ほどのドラマーたちが集う、年に一度の名物大ドラムソロ大会!
もちろん私も演奏させて頂きます。


2010年5月4日(火)みどりの日
千葉市みどりの協会主催 藤田浩司ピアノライブ
稲毛記念館 http://www.cga.or.jp/004013/
千葉市美浜区高浜7-2-3
Tel:043-277-4534
13:00 Start
藤田浩司(pf) http://kojifujita.com
共演者未定


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1814

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 26, 2010 12:23 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「なぜソルフェージュ能力が必要なのか 25 enero 2010」です。

次の投稿は「Latin Cuban Drumming 1,2 / Koji Fujita (ラテンキューバン・ドラム教本上・下巻/藤田浩司著) 27 enero 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。