« スタジオのミキサーを入れ替える 16 febrero 2010 | メイン | キューバの夢 18 febrero 2010 »

トレーニング用のドラムについて 17 febrero 2010

生徒さんからトレーニング用ドラムの購入についてご相談がありました。

生ドラムかはたまた周囲を気にせずに済む電子ドラムか、また電子ドラムにしても特殊な静穏設計のものでも良いのか、それともノーマルな形の物の方が良いのか、というようなご質問でした。


私なりの考えでは・・・
周囲への騒音を気に掛けながら本物をチマチマ叩くよりは電子ドラムを思い切り叩いた方が楽しく練習出来ると思う。
子供さんの習い事は特に、楽しくなければ長続きしにくいと思う。

リズムの練習をするには、電子ドラムでもほぼ問題ないだろう。
ただ、電子ドラムは、最高の楽器を最高の状態にチューニングしたものを一流のドラマーが叩いた音・・・が、いとも簡単に出てしまうので、音色への気配りが鈍感になりがちなところが難点である。

また決定的に違うのは、音量や音色の変化幅だろう。
電子ドラムの場合、例えば音量はMIDIの規格に限定されてしまうため、128段階でしか表現する事が出来ない。
音色に至ってはおそらくせいぜい弱音で叩いたスネアの音、メゾフォルテの音、強打した時の音の3つくらいをサンプリングして、その三つをある場所でスイッチさせて使っているに過ぎない。
もしかすると強音と弱音の二つのみでスイッチしているか、ちょっと古い物では強音をそのままの感触で単にボリュームだけを下げて小さい音を作っているだけのものさえもあるかもしれない。電子系のドラムに関して詳しくはありませんが・・・。
そういうわけで本当に小さく叩いたとしても、電子ドラムの音はpp特有の柔らかさに欠けたり、逆にフォルティッシモで叩いてもそこまで突き抜ける音にならなかったりする。
やはり電子ドラムはアコースティックと別物だと思っておいた方が良いだろう。

アコースティックでは音量も音色の切り替わりも無段階&スムーズだ。
良くも悪くも、自分の叩いたままの反応を見せてくれるのがアコースティックな楽器だろう。

反面、電子ドラムは音色や音量のバラツキが目立ちにくいので、力量がなくても一流の音、CDでよく耳にする、コンプレッサーをかけたような音、に囲まれ気持ちよく練習出来る。
楽しんで練習出来ると思います。

アコースティックを気兼ねなく叩けるのならそれがベストだろうが、昨今の住宅事情の中、次善の策は電子ドラムか。

ローランドHD-1の様に特殊な構造のペダルでも私はあまり問題を感じる事はなかったが、実際に使用している生徒さんからは、若干アクションが特殊でやりづらいとの指摘もあった。

購入する前には、やはり展示品のあるお店まで足を運び、実際に試奏してみるのがまちがいない。

ただ、静粛性で考えるならHD-1の様なわざわざ静穏設計にしてあるものに魅力を感じる。
もちろん自然な感触が得られるのはノーマルなペダルだろう。
ローランド製電子ドラムのペダルはOEMか、それとも自社製品であるのか、気になるところだ。

詳しい方、教えて下さーい!

-今後のライブ予定-

2010年2月20日(土)
ナチュラルハーモニー2000
大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
藤田浩司 http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
Charge 1,800yen
癒しナイト! 
☆結局はベース&ピアノのDUOライブに決定!
「癒し」というか、かなり色っぽいムーディーな音になりそうな予感・・・


2010年3月3日(水)
千葉県長生郡長南町「こどもの夢を育む事業」
講演会 「学びのこころ -成功の秘訣とは-」
千葉県長南町立長南中学校
〒297-0121 千葉県長生郡長南町長南2060
Tel:0475-46-1190
13:30-15:00
お話と演奏:藤田浩司 http://kojifujita.com
☆これから学び、育って行く児童・生徒のみなさんには是非ともおさえておいてもらいたい「学びのこころ」。
勉強する事の意味・・・勉強するのはなぜか、それは幸せになるためである。様々な事を勉強するに当たって、ここを忘れてはならないだろう。
一地方からたくさんの逸材を中央音楽界へと輩出し、教育学修士の側面をも合わせ持つ藤田浩司の教育論。
(講演会のお問い合わせは http://la-fiesta.jp )


2010年3月18日(木)
藤田浩司ピアノトリオ
千葉倶楽部LOOK(注意:経営は同じですが、ROCKではないLOOKの方です。)
PCサイト→ http://clublook.main.jp/
モバイル→ http://clublook.main.jp/mindex.html
千葉市中央区新宿町2‐11‐1藤やビル2F
Tel:043-204-5569
19:30-
Charge \2,000 1drink付
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
加藤克樹(Ds) http://www14.ocn.ne.jp/~k2drums/Welcome.html


2010年3月20日(土)
DrumStudio LA FIESTA主催 第11回ドラマーズライブ
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
13:30開場 14:00開演
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-21
Tel:0475-25-8999
http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html
☆プロ・アマチュア問わずで総勢20名ほどのドラマーたちが集う、年に一度の名物大ドラムソロ大会!
もちろん私も演奏させて頂きます。


2010年5月4日(火)みどりの日
千葉市みどりの協会主催 藤田浩司ピアノライブ
稲毛記念館 http://www.cga.or.jp/004013/
千葉市美浜区高浜7-2-3
Tel:043-277-4534
13:00 - 14:00
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs)
吉羽一星(Perc)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1835

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Febrero 17, 2010 4:27 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スタジオのミキサーを入れ替える 16 febrero 2010」です。

次の投稿は「キューバの夢 18 febrero 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。