« 出版物、売れる 23 junio 2015 | メイン | 文教大学実技試験第1週目 25 junio 2015 »

サンファンの聖日 24 junio 2015

おおっ、今日はサンファンの聖日だ。
サンチアゴではコンガの楽団が街に繰り出しているにちがいない。
キューバはいつだって行きたいけれど、今は時期ではないのだろう。

生徒が夏に家族旅行でロスに行くって言ってた。
これまた羨ましい。
ロスまで行くなら、是非メキシコのティファナへどうぞ(^^)

23日は沖縄慰霊の日。
平和については常々思う事があるけれど、平和を守る抜くには様々な事を多角的に捉え、考えなければならないだろうと思う。
平和教育、いや、安全保障教育と言い換えた方が正しい気もしますが、平和について考えさせられる一日でもありました。
はたして自衛権を発動しなければ平和は守られるのでしょうか。
他国を信頼して武力を放棄する日本のいわゆる憲法、なぜ「いわゆる」かと言うと、今の憲法には正当性が感じられないからですが、このいわゆる憲法9条の精神に則って生きていけば戦争は起こらないのでしょうか。
自国が引き金を引かなければ、侵略者に犯される悲惨は絶対に起こらないのでしょうか。


多数の国民によって選出された政治家は「バカ」なんですかね?
バカな存在なんですかね?
それは選んだ国民がバカって事ですか?
政治家って辛いですね。
多くの政治家は、高い志をもって民の事を思い行動しているだろうに、簡単にばっさりと呼び捨てされたりバカ呼ばわりされたり。
厳しい現実だと思います。
自分と真逆の事を言っている人も、その人自身は愛すべき人間なのだ、と思いますけどね。
論は論として。

・・・うーん、それらの結論は自分にとって自明の事なんだけど、そうではないと言う人が世の中には結構いるわけで・・・まあそうは言ってもそう考える自分がおかしいのか、それとも魔女狩りが正当化された中世ヨーロッパの様に一部の世論がどうかしているのか・・・主体たる自分にはそこいらへんどうにも判断できないけれど、どうなんでしょうね、みなさん。。。

ま、いずれにしても、あまりに平和についてはもう片方の事実について目をつぶった状態でものごとを考えている人が多いように感じます。
平和を愛する者としては、平和を守りたいと、強く思います。
真の平和主義とは、手段でなく現実に根ざし結果を大切にする事であると思います。
思いは様々ですから。
みんなが同じと考えるのは傲慢です。

侵略される国も地域も、この現代において結局はなくならない現実があります。
平たくリスク管理するセンスは、危険回避のために必要不可欠であると思いますが・・・たとえば、こちらが武器を持たなければ平和なのだというセンスは、どうも大東亜戦末期における政治決断のセンスと表裏一体であると感じてしまいます。
多数の民を不幸にするのはそういったセンスであるという思いがあります。
実際のところ、みなさんは「日本が他国を侵略するリスク」と「他国が日本を侵略するリスク」についてどう捉えますか?
そのリスクは一方的ですか?
私はどちらも起こり得ると思います。
その上で、現状どちらかといえば「他国が日本を侵略するリスク」の方が高いと思っています。
実際、持っている相手と同等に「超抑止力」を持つくらいでないとそのバランスは取れないかとも思います。
たとえば「核兵器廃絶」などというのは、そういった均衡を保った上でなければ実現に向けて働きかけるのも不可能ではありませんか?
それとも核兵器の廃絶はその思いの一念で実現可能ですか?
対等な立場での話し合いと、そうでない場合での話し合い、どちらがその実現を近付けますか?
私も核兵器は廃絶すべきであると考えますが、その手法は100%前者が有効であると考えます(いずれにしても近未来には実現不可能であるとも思いますが)。
いや、そうではないという場合、それはどういう論拠によるのか、その論の根拠を本当に知りたいです。

侵略されるされない・・・というか、未だ日本は完全な主権を回復したとはいえない状態であるとも思いますが。
そして良くも悪くも、現状私たちは日本国民として生きているわけです。

大東亜戦後70年を経て、徐々に多くの人が覚醒しつつありますが、理想とは別に、現実に根ざして生きなければならないのが人生、それを教えていくのが大人の役割でもあるだろうと思っています。
頑張っていきましょう。


----------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2015年7月11日(土) 外房サルサ
STUDIO CLOVE http://www.studioclove.jp/
千葉県茂原市本納1765-3
TEL: 0475-34-2794
18:00 Open DJタイム DJ:Latin Mania X
19:00-19:30 Free Salsa Lesson Hideki from 99
19:45 1st Stage SOTOBO☆アミーゴス
21:00 Performance(MIYOKO/GrupoM)
21:45 2nd Stage SOTOBO☆アミーゴス
23:30 Close
charge 2,500 yen(1drink付)
学割有(要学生証提示・高校生大学生500円引き)
中学生以下入場無料(1ドリンクオーダーお願いします☆ソフトドリンク300円)
歌と演奏:SOTOBO☆アミーゴス(サルサオルケスタ) http://sotobosalsa.jimdo.com/
ロビーナ(Vo.)
藤田浩司(Pf.) http://kojifujita.com
Yun(Keyb.)
青林 海(Gt.)
YASSAN(Bs.)
勝 三蔵(Ds.) http://sanzofamilyband.jimdo.com/
畠山啓(Conga)
Hideki(サルサ・レッスン・インストラクター)

2015年8月6日(木)ラテンジャズ ライブ&セッション with 藤田浩司
STUDIO CLOVE http://www.studioclove.jp/
千葉県茂原市本納1765-3
TEL: 0475-34-2794
Charge 1,000 yen + 1 ドリンクオーダー
◆今回の課題曲:未定(近日中に発表させて頂きます)
◆デスカルガ(ラテンジャズセッション) ♪打楽器置いてあります♪
ホスト: 藤田浩司(Pf, Dr, Per)http://www.kojifujita.com/
House Musician :
安田浩(Bs)
近藤圭介(Dr)
19:00 OPEN ~個人指導付き練習タイム開始~ 20:00 課題曲セッション 21:00 HOUSE BAND LIVE 21:30 デスカルガ 23:00持ち込み曲のセッション(要楽譜)


2015年8月22日(土) 東金やっさ祭り
演奏:SOTOBO☆アミーゴス(サルサオルケスタ) http://sotobosalsa.jimdo.com/
ロビーナ(Vo.)
平林 葵(Vo.)
藤田浩司(Pf.) http://kojifujita.com
Yun(Keyb.)
YASSAN(Bs.)
勝 三蔵(Ds.) http://sanzofamilyband.jimdo.com/
畠山啓(Conga)
Hideki(サルサ・レッスン・インストラクター)
詳細未定


2015年8月28日(金) 藤田浩司 ラテンジャズスマイル
Food & Bar CANA
千葉県長生郡一宮町東浪見7520-1
http://cana.nu/
夜17:30~翌朝3:00
1st19:00, 2nd21:00
charge 2,000 yen(1drink付)
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
小高 洋(Ds) http://regnochsjung.blog.fc2.com/


2015年10月23日(金)  藤田浩司 ラテンジャズスマイル
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549、050-5899-2276(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂く事が出来ます) 
1st19:30, 2nd21:00 Open18:45 - Close24:00 LO23:30
charge 大人\2000yen、高校生\1400yen、中学生以下\1000yen
藤田浩司 ラテンジャズスマイル
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
小高 洋(Ds) http://regnochsjung.blog.fc2.com/

ご予約はこちら⇒http://www.pianista.info/reserve.html


2015年12月13日(日)
平成27年度連携事業 「千葉市民文化祭~ART CRAFT Vol.4~」
藤田浩司(Ds) http://www.kojifujita.com/
詳細未定


2016年1月22日(金) 藤田浩司&藤巻良康 DUO「Close Your Eyes」
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549、050-5899-2276(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂く事が出来ます) 
1st19:30, 2nd21:00 Open18:45 - Close24:00 LO23:30
charge 大人\2000yen、高校生\1400yen、中学生以下\1000yen
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
ピアノとベースのデュオで癒しナイト!

ご予約はこちら⇒http://www.pianista.info/reserve.html


2016年3月19日(土)
DrumStudio LA FIESTA主催 第17回ドラマーズライブ
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
12:35開場 12:45開演(変更になる可能性があります)
入場無料
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-23
Tel:080-2294-9509、050-5899-2274(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂く事が出来ます)
☆プロ・アマチュア問わずで総勢20名ほどのドラマーたちが集う、年に一度の名物大ドラムソロ大会!
もちろん私も演奏させて頂きます。


-----------------------------------------------------------------


茂原、外房、千葉県・・・にとどまることなく日本各地よりレッスンにおいで頂いております。
DrumsStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)音楽教室部門
千葉県茂原市茂原西7-23

(左の黄色い建物がDrumStudio LA FIESTA、右奥がLive☆Space PIANISTA)

お問い合わせ下さい→lesson@la-fiesta.jp
080-2294-9509、050-5899-2274(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂く事が出来ます)

千葉・茂原、首都圏で幼児のピアノ教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の打楽器教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の音楽教育ならココ→クリック

シニアの方が多く在籍する、ドラム・ピアノ・パーカッション専門の音楽教室なら→クリック

DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)では音大入学後、また、プロの演奏家になった後にも役に立つ「生きたソルフェージュ」を学びたい音大受験生を募集しています。
音大受験のためのソルフェージュコース
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html )

違いを知る方法は色々とあるかと思いますが、困った時にはおいで下さい。
DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)
総合ドラム科
キューバンスタイルドラム科
トゥンバドーラ(コンガ)科
音大受験コース(小太鼓専攻)
音大受験のためのソルフェージュコース
ジャズピアノ科
ラテンピアノ科
幼児・児童のためのピアノアドリブコース
幼児・児童のためのクラシック&即興演奏コンビネーションコース
自ら弾いて癒される、癒しのピアノコース
音楽家・打楽器演奏家の為の身体動作マスタークラス
ピアノ教師のためのジャズポピュラー理論講座3ヶ月コース(全9回)(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html)
音楽教室案内→資料請求・お問い合わせはこちらから


藤田浩司-koji fujita-
DrumStudio LA FIESTA
Live☆Space PIANISTA
→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/3501

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Junio 24, 2015 1:59 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「出版物、売れる 23 junio 2015」です。

次の投稿は「文教大学実技試験第1週目 25 junio 2015」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。