« Agosto 2020 | メイン

Septiembre 2020 アーカイブ

Septiembre 7, 2020

まのんの大旅行 7 sept. 2020

今回はまとめなので長いです(笑)


まのんを連れて初めて南東北を中心にまわってきました。
色々と心配もありましたが、終始笑いの絶えない旅となりました。

1日目
自宅→水郷佐原→水戸
まのんの旅は県内の水郷佐原から始まりました。
佐原の観光案内所ではまのんによく声を掛けて頂きました。
水戸ではまのんのサイゼデビューに地ビールデビュー(行っただけですが(^^;))。

2日目
水戸→袋田の滝→岳温泉
滝では終始寝落ち(笑)、岳温泉の宿は「ミキハウス子育て総研認定、ウェルカムベビーの宿」というヤツで至れり尽くせりでした。

3日目
岳温泉→きよミルク→仙台
噂のスーパープレミアムソフトクリーム「きよミルク」を幸いにも頂く事が出来ました♪
これがまのんの初ソフトクリームです(^^)
仙台の夕焼け地ビール園・・・以前は銀河高原の直営であった様ですがその銀河高原は今、缶ビールのみとなりこちらでは宮城の誇る地ビールをたくさん頂きました♪


4日目
仙台→松島→仙台
この日が一番暑かったかも。
ほぼまったく雨が降らなかった旅程の中で唯一、傘の心配をしたのが松島。
しかしほぼ降られる事はありませんでした。
観光地はどこの人がまばら。
飲むところも人がまばらです。
まばらというか、ほぼまったくいない事も普通である様な・・・
これでは地域の経済はもたないでしょう。
なんとかしたいところです。
夜は妹夫婦と乾杯!



5日目
仙台→蔵王お釜→仙台→山形
チャイルドシートにも慣れました♪
まのんを抱っこして出掛けるのもすっかり日常となりました。
まのんは離乳食もよく食べる様になってきました。
蔵王は涼しかった。
幸いな事に天候にも恵まれました(山頂だけ(^^;))




6日目
山形→鶴岡市立加茂水族館→山形
当初山寺へ行こうと考えていたものの、天候が芳しくなく急遽日本海側の鶴岡へ。
大正解でした。
水族館、楽しい♪
夜、寄らせてもらったタップルームでビールの大瓶とパチリ。
最高でした\(^o^)/




7日目
山形→山寺→米沢
偶然にも秋風が吹き渡り始めた山寺最高!
たくさんの人に声をかけられたまのん。
私は一人旅でもよく人に声を掛けられますが、まのんが一緒にいるとまた感じが変わります。
良いですね。
ウイルスを変に気にし過ぎて、子どもの成長に必要な触れ合いを犠牲にする事を、親としては最大限避けたいと思っています。
長期的に見てどちらがより重要であるかは、また昨今のデータを読み解く限り、リスクの度合いがどうであるかはほぼ明らかでしょう。
米沢の地ビール屋、オーナーが素敵!
まのんに即席でベッドを作ってくれました。
子ども食堂をやったり、悩み相談を開いたりと、大変に意欲的な地ビールどころです。




8日目
米沢→喜多方の大みなと味平→猪苗代湖→会津若松東山温泉
米沢は観光資源豊富で羨ましいです。
茂原市も天然ガスとかヨードとかの面白科学館を作ればそれこそ日本中でここだけの強みなのに・・・
やり様によっては日本中から、あるいは世界中から一定数の観光客を集められると思いますよ。
自分が市長であれば実現したいですね。
喜多方のラーメン巡りもほぼライフワーク。
自分のテーマは地域の民族音楽、日本なら民俗音楽を聴く事と地域のライブシーンを観察する事、それに地域のビール事情を探る事。
それに特に国内では温泉、湧水。
これらは大学院卒業時から一貫して探方しているので結構な体験とデータを持つに至りました。
まあこのうち今のところお金になっているのは音楽に関してだけですが(^^;)
大みなと味平、美味しいのはもちろんですが赤ちゃん用の椅子があって大変に助かりました。
しかし本当に観光地にお客さんがいません。
東山温泉最高!
温泉地では一部の例外を除いて大体いつも共同浴場がダントツ最高のクオリティ泉質なのですが、ここはよく管理されています。
柔らかいお湯。
御宿東鳳というところ。
まのんを外でお風呂に入れる事にもだいぶ慣れました。






9日目
会津東山温泉→飯森山→大内宿→宇都宮
飯森山でおそらく宿泊先が同じであった沼津市の小学生たちの修学旅行と一緒に(^^;)
非常に賑やかでした。
沼津市教育委員会のご英断に乾杯!
大内宿はやはり風情があって良いですね。
ところで今回、殆どのホテルにベビーベッドの設備があって大変に助かりました。
ここで寝せるわけではありませんが目を離さざるを得ない時にはとても安心です。
それと西松屋さんには大変にお世話になりましたm(_ _)m






10日目
宇都宮→茂原
道中ミルクを飲ませ飲ませの旅。
帰路は一目散。
ちょっと用事がありましたので(^^;)
このあと一旦茂原に寄ったあと長野へ行こうかと思案しておりましたが・・・実現ならず(>_<)
そして無事、帰宅となりました。
まのん八ヶ月、この頃の旅は記憶には残らないとわらう人もおりますが、この体験はきっとこの先の成長に関係してくると思ってます。
少なくとも父子の絆は非常に深まりました\(^o^)/
こんな旅が出来るのも限られたうちであり、あとわずかでしかないので、今のうちにせっせと体験に投資していこうと思っています。

しかしどこのホテルも旅館も飲み屋も観光地も・・・人が少なかったな(>_<)
このままでは日本の経済が沈没してしまいます。
悲しい思い、苦しい思いをしている当事者が本当にたくさんいます。
経済の毀損はそのまま人命の毀損に繋がりかねません。
ウイルスに関して今現在どの様な推移となっているのか最新のデータを把握した上でマスコミの声に惑わされる事なくよく考え行動していきたいものです。
もちろん予防は大切ではありますが、基本的に人の多いところは避ける、仕方ない場合には人の多いところでマスク、頻繁なうがい、手洗い・・・などなど気を付けていれば移動そのものには、特に自家用車での移動に関しては家の近所で過ごすのと何かリスクに違いがあるのだとしたら誰か説明して下さい。





続きを読む "まのんの大旅行 7 sept. 2020" »

Septiembre 8, 2020

履歴書 8 sept. 2020

人生で2度目になります。
履歴書を書きました。
朝から始めてお昼には仕上げようと思っていましたが・・・
なんと、夕方までかかりました。
この手のものって数字、記号番号、名称、全てに渡って正確でなければならないのが大変です(>_<)

続きを読む "履歴書 8 sept. 2020" »

Septiembre 10, 2020

仕込み 10 sept. 2020

文教大秋期講義の開始に向けて先週末から仕込みを続けています。
一度やった内容なのでそれほどアタマを使う作業はなかったのですが・・・
オンライン授業のシステムに様々な課題を仕込むのに結構時間を取られました(>_<)
秋は2コマ分という事もあり、延々と続く単純作業。
小テストの作成とその問題の事前登録、毎回のレポート受け入れ体勢構築、そして資料の作成と事前登録。
音声資料は春期のものを使い回そうと思ったけれど、「みなさんこんにちは。○月○○日水曜日午後1時20分、文教大学、音楽の時間云々~」と挨拶してしまっていたり、講義の途中にも時事の話題が挟み込まれていたりして、第1回分は往生際悪く編集してみましたがそれだけで6時間くらいかかりました(>_<)
今日になってやっと一区切り、あとは音声資料を続々と仕上げていくのみです。
本日も第二回の分を編集、収録し終えました。
ただ、この音声資料の収録は進め過ぎてしまうとつまらない。
なぜならば、学生から提出されるまとめレポートを読んでみてのこちらの反応を毎回喋りに乗せるからです。
あまり進め過ぎると、例えば9月30日の講義を聴いてのレポートに対するこちらからのレスポンスが極端な話12月に入ってから、みたいになっちゃいますからね。
旅から帰宅後、ずっと作業しているのでここまでのセットアップに一週間弱かかりました(^^;)

ナレーションやっている方とか、音声の処理はどうしているのでしょう。。。
自分の場合はノーマライズは必ず、その他コンプレッサーを使ったりマキシマイズしたり、それにノイズサプレッサーを使ってます。
マキシマイザーは当初、喋りにどうなんだろうと思ってましたが、軽くかけると結構聞き取りやすくなります。
ノイズサプレッサーは必須ですね。
口元から発声する余分なノイズを殆どきれいに取り去ってくれます。

続きを読む "仕込み 10 sept. 2020" »

About Septiembre 2020

Septiembre 2020にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはAgosto 2020です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。